トップ > 顔の歪みって? > 鏡を使ったセルフチェック「顔の歪み」レベルを判断する方法

鏡を使ったセルフチェック「顔の歪み」レベルを判断する方法

鏡で見て顔の歪みが一目で分かるのなら、判断はラクですが誰でもそうとは限らないですよね。大きな歪みではなくかすかな歪みがある人ももちろん居ますし、そういった人たちのために自分で出来る簡単な判断方法を今回はお話していこうと思います。

まずは顔の歪みをチェックしよう

まず使うのは自分の手と鏡です。鏡は大きく、顔全体が写るものがいいですね。それを机の上などに置いて、真正面を向き鏡の中の自分と目線がしっかり合うように調整します。調整できたら、鏡を見ながら手の指を大きく開き、両手で顔を包んでください。

調べるところは、頬骨や目の高さや位置、そして鼻のラインや口元です。手で触り骨の位置を調べ、左右対象になっているかを確認しましょう。もし触っていくうちに『アレ?』と思う部分があったら、そこを鏡でチェックしながら重点的にさわり、どのくらいずれているか、どちら側に下がっているかを覚えておきましょう。

あと、触って確認するのは骨の位置だけではなく、お肌の弾力やさわり心地もです。骨格のずれにより血管が圧迫され、むくみが現れてしまうこともありますから、お肌の弾力やハリもしっかりチェックしておいて下さいね。

最後に

ちなみに顔の歪みがあると、どちらか一方のお顔だけお肌の垂れが出てしまっていることもあります。こういったお肌のアンバランスさは見た目にもとても悪影響ですので、顔を両手でさわってお肌の状態を確認することは、習慣づけてまめに行うようにするといいかもしれませんね。

このページを読んだ方はこちらもチェックしています
大人の女性としての幸せを手に入れてみませんか?

女性が、「女性としての幸せ」を存分に味わい尽くすために、

女性に生まれたことを心の底から喜べるようになるために、

大人の女性限定の情報を無料でお届けします。

メールアドレス: ?(必須)?
お名前: ?(必須)?
年代:
大人の美容&恋愛メルマガ

顔の歪みって?

顔の歪みと悪影響

セルフケアで治す

良い生活習慣で治す

プロに治してもらう

フォレックス・ドットコムの評判