トップ > 顔の歪み改善?生活習慣編? > 寝相は仰向けが良い!生活習慣の中から顔の歪みを治す方法

寝相は仰向けが良い!生活習慣の中から顔の歪みを治す方法

大体一日に6~7時間くらい寝ている人が多いのではないかと思いますが、これって一日の4分の1強の時間ですよね。

一日の4分の1も寝るために時間を使っていると考えると、寝ている時間の姿勢を正しいものにしないと体のバランス、顔の歪みを解消するのを阻害してしまうのではないかと不安になってしまいます。

ということで、今回は寝ているときの姿勢のお話です。寝ているときの姿勢に気をつけることで歪みにくい体、顔を作ることが出来ますのでぜひ参考にして下さいね。

良い寝相、悪い寝相

まずNGな寝方から。うつぶせ寝は体の歪みに関してもお顔の歪みに関してもNGです。うつぶせで寝ると顔はどうしても右か左を向くことになりますよね。まっすぐにしたら息が出来なくなってしまいますから。

この右か左に顔を圧迫させながら寝る、というのがうつぶせ寝のNGポイントなのです。長時間顔の同じほうを圧迫してしまうと、圧迫された形を骨格が覚えてしまい歪みやすくなってしまうのです。

そしておすすめの寝方ですが、これは『仰向け寝』です。仰向け寝は体のバランス的にもおススメな寝方ですので、体の歪みや顔の歪みにお悩みの方は出来るだけ仰向け寝で寝るようにしましょう。

ただ仰向け寝がおススメだからといって、寝ているあいだずっと仰向けで寝続けなければならない、という訳ではありません。

まとめ

ラクに寝られるように寝ているあいだ寝返りをうっているひとがほとんどでしょうし、寝返りをうたないようにしないといけないということはありませんので、出来るだけ仰向けで寝ながら寝付いてしまったあとは楽な姿勢で自由に寝て大丈夫です。

このページを読んだ方はこちらもチェックしています
大人の女性としての幸せを手に入れてみませんか?

女性が、「女性としての幸せ」を存分に味わい尽くすために、

女性に生まれたことを心の底から喜べるようになるために、

30代以上の大人の女性限定の情報を無料でお届けします。

メールアドレス: ?(必須)?
お名前: ?(必須)?
年代:
大人の美容&恋愛メルマガ

顔の歪みって?

顔の歪みと悪影響

セルフケアで治す

良い生活習慣で治す

プロに治してもらう

フォレックス・ドットコムの評判