トップ > 顔の歪み改善?生活習慣編? > 意識的に表情筋を動かす!生活習慣の中から顔の歪みを治す方法

意識的に表情筋を動かす!生活習慣の中から顔の歪みを治す方法

顔には皮膚の下にたくさんの筋肉があります。このたくさんの筋肉により怒ったり悲しんだり笑ったり困ったりと、私たちはいろいろな表情を表すことが可能となっているのです。

ただお顔の筋肉、表情筋といいますが表情筋は筋肉ですから使わないと衰えます。筋肉が衰えてしまうとその部分にたるみが出てしまい(これは体全体で言えることですね)、それがお顔のたるみ、ひいては歪みに繋がるのです。

無愛想はブスの元?

なのでお顔のたるみや歪みをなくすためには、常に表情筋を意識して動かすように気をつけていないといけません。そしてただ動かすだけではなく、均一に動かせるよう注意をしていないといけないのです。

人には癖というものがありますよね?口癖、手癖、足癖、いろいろな癖があり、それらは自分自身で気づかない間に表に出ていることが多くあります。こういった癖は表情にもあり、例えば笑うときに片側の口角だけを上げる人、話をするときにあまり口を動かさない人、よく眉間にしわを浮かばせる人、など人によっていろいろな表情の癖があります。

このような表情の癖は『その人らしさ』を付け加えるものでもありますが、あまりに非対称な筋肉の使い方をしてしまうと、使われていないほうの筋肉が衰え片側だけたるみが出たり、それがお顔の歪みになってしまうことがあるんです。

まとめ

普段からお顔の右半分、左半分、両方の筋肉を適切に使うよう心がけておくことでお顔の歪みやたるみを解消することが出来るでしょう。

表情を作るのは無意識のうちに行っていることが多いので、意識をするのはなかなか難しいかもしれませんがシンメトリーなお顔のため、頑張っていきましょうね。

このページを読んだ方はこちらもチェックしています
大人の女性としての幸せを手に入れてみませんか?

女性が、「女性としての幸せ」を存分に味わい尽くすために、

女性に生まれたことを心の底から喜べるようになるために、

30代以上の大人の女性限定の情報を無料でお届けします。

メールアドレス: ?(必須)?
お名前: ?(必須)?
年代:
大人の美容&恋愛メルマガ

顔の歪みって?

顔の歪みと悪影響

セルフケアで治す

良い生活習慣で治す

プロに治してもらう

フォレックス・ドットコムの評判